ピラティスとインナーマッスルの関係!ピラティスで身体が整う理由は?

「ピラティスってインナーマッスルに効くって本当?」
「インナーマッスルを鍛えるとどんないいことがあるの?」

そんな疑問をお持ちのあなたへ!

本記事では、ピラティスの基本原則やインナーマッスルを鍛えることのメリットについて詳しく解説します。初心者から上級者まで、ピラティスを通じて健康的な身体を手に入れるためのヒントをお届けします。

もくじHeading

  1. ピラティスとインナーマッスルの関係
  2. ピラティスとインナーマッスルの関係
  3. ピラティスの効果
  4. インナーマッスルを鍛える具体的なピラティスのエクササイズ
  5. マシンピラティス、マットピラティスのメリット・デメリット
  6. ピラティスを始める際の注意点
  7. インナーマッスルを鍛えて自分の身体を大切にしよう

ピラティスとインナーマッスルの関係

ピラティスをする女性

ピラティスは、インナーマッスルを効果的に鍛えることで知られるエクササイズです。インナーマッスルは、姿勢の改善や腰痛の予防、基礎代謝の向上に重要な役割を果たします。

ピラティスとは

ピラティスは、20世紀初頭にジョセフ・ピラティス氏によって考案されたエクササイズメソッドです。彼は、身体の強化とリハビリテーションを目的としてこのメソッドを開発しました。

ピラティスの基本理念は、身体の中心部である「コア」を鍛えることです。コアには、腹横筋、多裂筋、横隔膜、骨盤底筋群といった深層筋が含まれており、これらは総称してインナーマッスルと呼ばれます。これらの筋肉は、身体の安定性を保ち、正しい姿勢を維持するために不可欠です。

インナーマッスルとは

インナーマッスルは、日常生活で意識して使うことが少ないため、一般的な運動や筋力トレーニングでは鍛えにくい部位です。しかし、ピラティスは特有の呼吸法とゆったりとした動きを組み合わせることで、インナーマッスルを効果的に活性化させます。

具体的には、肋骨の動きを意識した胸式呼吸と、体幹の深層部に集中したエクササイズが特徴です。これにより、表面的な筋肉だけでなく、身体の内部からバランスを整えることができます。

ピラティスとインナーマッスルの関係

ピラティスとインナーマッスルの関係は非常に密接であり、ピラティスのエクササイズの核心です。ピラティスは、身体の中心部を強化することを目的としたエクササイズであり、その中心部にはインナーマッスルが含まれます。

インナーマッスルとは、身体の深層部にある小さな筋肉群であり、具体的には腹横筋、多裂筋、横隔膜、骨盤底筋群などが挙げられます。これらの筋肉は、身体の安定性を保ち、関節をサポートし、姿勢を正しく保つ役割を果たしています。

ピラティスのエクササイズは、これらのインナーマッスルをターゲットにしています。ピラティスでは、呼吸法と動きの連動が非常に重要です。

特に、肋骨の動きを意識した胸式呼吸を取り入れることで、インナーマッスルが効果的に活性化されます。この呼吸法は、横隔膜を動かし、体幹の深層部にある筋肉を刺激するため、インナーマッスルの強化に繋がります。

また、ピラティスのエクササイズは、ゆっくりとしたコントロールされた動きが特徴です。これにより、身体のバランスを意識しながら、深層筋を効果的に鍛えることができます。

例えば、プランクやサイドブリッジなどのエクササイズは、インナーマッスルに対して直接的な負荷をかけることで、筋力と持久力を向上させます。

さらに、ピラティスはインナーマッスルとアウターマッスルのバランスを取ることにも重点を置いています。日常生活やスポーツ活動では、アウターマッスルが優位に働くことが多いため、インナーマッスルを意識的に鍛えることが重要です。

ピラティスを通じてインナーマッスルを強化することで、身体全体のバランスが改善され、姿勢が良くなり、怪我の予防にも繋がります。

ピラティスの効果

ピラティスをする女性

ピラティスは、身体全体の健康を促進し、特にインナーマッスルを強化することで多くの効果をもたらすエクササイズメソッドです。以下に、ピラティスの主な効果を紹介します。

  • 姿勢改善
  • 腰痛予防と改善
  • 基礎代謝の向上
  • 柔軟性の向上
  • メンタルヘルスの改善
  • 身体のバランスと協調性の向上

姿勢改善

ピラティスは、インナーマッスルを鍛えることで、身体のバランスと安定性を向上させます。これにより、正しい姿勢を自然に保つことができ、猫背や反り腰といった姿勢の問題の改善が可能です。

姿勢が良くなると、見た目が美しくなるだけでなく、呼吸が深くなり、酸素供給もスムーズになります。

腰痛予防と改善

多くの人が悩む腰痛に対して、ピラティスは非常に効果的です。インナーマッスルを強化することで、腰部の安定性が増し、腰への負担が軽減されます。

特に、腹横筋や多裂筋といったコアマッスルを鍛えることで、腰痛の予防や改善が期待できます。

基礎代謝の向上

ピラティスは全身を使ったエクササイズです。継続することで筋肉量が増えると基礎代謝が向上し、エネルギー消費が増えるため、痩せやすい身体を作ることができます。これにより、ダイエット効果も期待できます。

柔軟性の向上

ピラティスは、関節の可動域を広げ、筋肉の柔軟性を向上させます。これにより、日常生活やスポーツ活動において怪我の予防ができ、動きがスムーズになります。柔軟性が高まることで、身体全体のパフォーマンスも向上します。

メンタルヘルスの改善

ピラティスは、深い呼吸と連動した動きを特徴とするため、リラックス効果が高く、ストレス解消にも役立ちます。集中力が高まり、精神的な安定感が増すため、メンタルヘルスの改善にも効果があります。

身体のバランスと協調性の向上

ピラティスは、全身の筋肉をバランスよく使うことを目的としているため、身体のバランス感覚や協調性を向上させます。これにより、日常生活やスポーツにおける動きがより効率的で滑らかになります。

インナーマッスルを鍛える具体的なピラティスのエクササイズ

プランクをする女性

インナーマッスルを効果的に鍛えるためのピラティスのエクササイズをいくつか紹介します。これらのエクササイズは、体幹の深層筋をターゲットにし、姿勢の改善や腰痛の予防に非常に有効です。

  • ドローイン
  • プランク
  • サイドブリッジ
  • ピラティスローリング
  • 胸式呼吸を用いたエクササイズ

ドローイン

ドローインは、腹横筋を鍛える基本的なエクササイズです。仰向けに寝て膝を立て、両手を腹部に置きます。息を吐きながらお腹をへこませ、背骨に近づけるように意識します。この状態を数秒間キープし、ゆっくりと呼吸を繰り返します。腹横筋がしっかりと働いていることを感じながら行いましょう。

プランク

プランクは、多裂筋や腹横筋、横隔膜を含む体幹全体を鍛えるエクササイズです。うつ伏せになり、肘を肩の下に置いて体を支えます。つま先を床につけ、体を一直線に保ちながら持ち上げます。お腹を引き締め、腰が反らないように注意します。30秒から1分間、この姿勢をキープします。

サイドブリッジ

サイドブリッジは、腹斜筋と多裂筋を強化するエクササイズです。横向きに寝て、肘を肩の真下に置きます。腰を持ち上げて体を一直線に保ち、この姿勢をキープします。反対側も同様に行いましょう。各サイドで30秒から1分間キープするのが目安です。

ピラティスローリング

ピラティスローリングは、背骨の柔軟性と腹横筋を鍛えるエクササイズです。座った状態で両膝を抱え込み、バランスを取りながら後ろに転がります。背骨を丸めながら転がり、元の位置に戻る際には腹筋を使ってバランスを取り戻します。この動作をリズミカルに繰り返します。

胸式呼吸を用いたエクササイズ

ピラティスでは、胸式呼吸が重要です。仰向けに寝て、手を肋骨に置きます。息を吸いながら肋骨を広げ、吐くときに肋骨を閉じるように意識します。この呼吸法を用いながら、ドローインやプランクなどのエクササイズを行うことで、効果が倍増します。

マシンピラティス、マットピラティスのメリット・デメリット

ピラティスをする女性

ピラティスには、マシンピラティスとマットピラティスの二つの主要な方法があります。それぞれにメリットとデメリットがあり、目的やレベルに応じて選ぶことが重要です。

マシンピラティスのメリット

精密なフォームの補助

マシンピラティスは、リフォーマーやキャデラックなどの専用マシンを使用します。これらのマシンは、体の動きをサポートし、正しいフォームを維持するのに役立ちます。特に初心者やリハビリ目的の方にとって、安全にエクササイズを行うことができます。

負荷調整の容易さ

マシンはスプリングや抵抗バンドを使用しており、負荷を細かく調整できるため、個々の体力レベルやリハビリ段階に合わせてトレーニングが可能です。

全身の筋肉をバランスよく鍛える

マシンピラティスは、特定の筋肉群に焦点を当てるのではなく、全身の筋肉をバランスよく鍛えることができます。これにより、筋力、柔軟性、バランスが均等に向上します。

マシンピラティスのデメリット

コストの高さ

専用マシンは高価であり、自宅に設置するのは難しい場合があります。また、マシンピラティスを提供するスタジオのレッスン料金も高めです。

スペースの必要性

マシンは大きくて場所を取るため、自宅でのトレーニングには十分なスペースが必要です。

マットピラティスのメリット

手軽さと経済性

マットピラティスは、特別な機器を必要としないため、どこでも手軽に行えます。また、コストも比較的低く、マットさえあれば始められます。

コアの強化

自重を使ったエクササイズが中心となるため、特にインナーマッスルの強化に効果的です。インナーマッスルを集中的に鍛えたい場合に適しています。

柔軟なプログラム

マットピラティスは、多様なエクササイズを取り入れることができ、個々のニーズや目標に応じてプログラムを調整しやすいです。

マットピラティスのデメリット

フォームの維持が難しい

自分だけで行う場合、正しいフォームを維持するのが難しく、効果が半減する可能性があります。特に初心者にとっては、怪我のリスクもあります。

負荷調整が限られる

自重のみを使うため、負荷の調整が難しく、筋力が向上した後に適切なチャレンジが不足することがあります。

ピラティスを始める際の注意点

ピラティスをする女性

ピラティスは身体の強化と柔軟性向上に優れたエクササイズですが、始める際にはいくつかの注意点を押さえることが重要です。以下に、ピラティスを安全かつ効果的に取り組むためのポイントを紹介します。

  • 正しいフォームの維持
  • 無理をしない
  • 呼吸の重要性
  • 適切な準備運動とクールダウン
  • 継続の重要性
  • 適切なインストラクターの選択

正しいフォームの維持

ピラティスは動作の正確さが求められるエクササイズです。正しいフォームを維持することが重要で、誤った姿勢で行うと効果が半減し、場合によっては怪我の原因となります。初心者は、まずインストラクターの指導を受けることをお勧めします。インストラクターは正しい姿勢や動きをチェックし、適切な修正を行ってくれます。

無理をしない

ピラティスは、自分の体力や柔軟性に合わせて行うことが大切です。無理をして過度な負荷をかけると、筋肉や関節に負担がかかり、怪我のリスクが高まります。自分の限界を理解し、徐々に強度を上げていくことが重要です。特に初めての場合は、軽いエクササイズから始めて徐々に進めましょう。

呼吸の重要性

ピラティスでは、呼吸法が非常に重要な役割を果たします。呼吸は動きと連動しており、深い胸式呼吸を用いることで筋肉の酸素供給が促進され、エクササイズの効果が向上します。呼吸を意識しながら行うことで、リラックス効果も得られます。

適切な準備運動とクールダウン

エクササイズ前には必ず準備運動を行い、体を温めて筋肉や関節の柔軟性を高めましょう。また、エクササイズ後にはクールダウンを行い、筋肉の緊張をほぐすことが重要です。これにより、筋肉痛や怪我を予防できます。

継続の重要性

ピラティスは継続することで効果が現れるエクササイズです。定期的に取り組むことで、身体の変化を実感できるようになります。週に2〜3回のペースで続けることを目指しましょう。

適切なインストラクターの選択

ピラティスを安全かつ効果的に行うためには、適切なインストラクターの選択が重要です。経験豊富で信頼できるインストラクターを選び、自分のレベルに合った指導を受けることが大切です。

インナーマッスルを鍛えて自分の身体を大切にしよう

ピラティスはインナーマッスルと密接に関わっています。インナーマッスルを鍛えることによって、多くの効果を得られます。インナーマッスルの強化、柔軟性の向上、姿勢改善、ストレス解消、筋力バランスの向上、怪我予防などがその主な効果です。これらの効果により、スポーツや日常生活でのパフォーマンスが向上し、健康的な体づくりが可能となります。ピラティスを積極的に取り入れ、全体的な健康と身体能力の向上を目指しましょう。

  • シェア

人気のピラティスリフォーマーランキングBEST3

  • 1位

    OODY PILATES

    抜群のコストパフォーマンスを実現!
    高品質なリフォーマーを低価格で導入するならコレ!

    OODY PILATES

    OODY PILATESは、2022年に株式会社アンドワンが立ち上げた新進気鋭のピラティスマシンブランド。木材の中でも強度の高い高級カナダ産メープル材と、ピラティス発祥の地・ドイツ製の丈夫なスプリングを使用した確かな高品質のリフォーマーを低価格で提供。圧倒的なコストパフォーマンスを実現した当サイトイチオシのピラティスリフォーマーです。

  • 2位

    balanced body

    40年以上も世界中で愛される確かな品質!
    有名スタジオでも導入実績多数のピラティスリフォーマー!

    balanced body

    balanced bodyは、世界No.1のシェアを誇り40年以上に渡って愛される老舗ピラティスマシンメーカー。日本でも多くのピラティススタジオに導入されており、確かな信頼と実績があります。柔らかくて静かな乗り心地で、使用者からの満足度が高いことも特徴です。

  • 3位

    MotionCarePILATES

    圧倒的低価格のピラティスリフォーマー!
    リハビリの専門家が考案した設計で滑らかな動作を実現!

    MotionCarePILATES

    MotionCarePILATESは、韓国発のピラティスリフォーマー。ディテールにこだわった造りで、滑車バーやフットバー、ヘッドレスト等の調整機能も細部までこだわった設計。リハビリの専門家が考案した老若男女誰でも使いやすいリフォーマー。

イチオシ記事

よく見られる記事