ピラティススタジオの価格相場は?!効果的な価格設定

「ピラティススタジオを開業しようと思っているけど、価格設定をどうするといいんだろう?」
「価格はとりあえず安くしておけばいいかな?」

ピラティススタジオの開業において、競争力のある価格設定は成功の鍵です。

本記事では、レッスン形態別の相場、地域差、価格戦略、付加価値サービスの提供方法などを徹底的に解説していきます。成功には競争力のある価格設定が欠かせません。適切な価格設定でピラティススタジオの経営を成功させましょう。

もくじHeading

  1. ピラティスとは
  2. ピラティスのターゲット顧客
  3. 価格設定
  4. レッスン形態別の料金相場
  5. 地域別の価格差
  6. 価格設定の戦略
  7. 継続的な価格の見直し
  8. ピラティススタジオの価格設定も大事な要素

ピラティスとは

ピラティスは、1920年代にジョセフ・H・ピラティスによって考案されたエクササイズです。元々は負傷した兵士のリハビリを目的としていましたが、今では姿勢改善や筋力強化、ストレス解消などの効果があるとされ、世界中で人気を集めています。

近年、健康志向の高まりとともにピラティスの人気は急上昇中です。ヨガと並んで、老若男女問わず取り組める運動として広まっています。

スマートフォンやパソコンの普及による姿勢の悪化や運動不足が問題視される中、ピラティスはその解消方法として注目されています。

また、ピラティスはリハビリやフィットネスだけでなく、アスリートのトレーニングにも取り入れられています。体幹を鍛え、柔軟性を高めることで、怪我の予防やパフォーマンス向上効果的です。

市場としては、ピラティススタジオの数も年々増加しています。特に都市部では、多様なレッスン形式(グループレッスン、プライベートレッスン、オンラインレッスン)や設備(マシンピラティス、マットピラティス)が提供されており、利用者のニーズに合わせた選択肢が広がっています。

ピラティス市場の成長は、スタジオ運営者にとってもビジネスチャンスです。適切な価格設定や付加価値サービスの提供が成功の鍵となります。市場の動向をしっかりと把握し、顧客のニーズに応えることで、競争力のあるスタジオを運営することができます。

ピラティスのターゲット顧客

ピラティスをする女性

ピラティスは幅広い年齢層やライフスタイルの人々に人気です。そのため、ピラティススタジオのターゲット顧客は非常に多様です。スタジオを開業する際は、これらのターゲット顧客のニーズを理解し、それぞれに合ったプログラムを提供することが成功の鍵となります。

以下に、主なターゲット顧客層を紹介します。

  • 健康志向の高い大人
  • 高齢者
  • アスリート
  • リハビリが必要な人
  • 忙しいビジネスマン

健康志向の高い大人

健康やフィットネスに関心のある大人たちは、ピラティスの主要な顧客です。姿勢改善や筋力強化、ストレス解消など、日常生活の質を向上させる効果が期待できるため、多くの人がピラティスを選びます。特にデスクワーク中心の職業の人々は、長時間の座り仕事による体の不調を改善するためにピラティスを利用することが多いです。

高齢者

ピラティスは高齢者にも適した運動です。関節に負担をかけずに筋力を強化し、バランス感覚を養うことで、転倒予防や日常生活の動作をスムーズに行えるようになります。また、ピラティスは柔軟性を高める効果もあるため、体の硬さを感じている高齢者にとっても有益です。

アスリート

多くのプロアスリートもピラティスを取り入れています。体幹を鍛えることでスポーツのパフォーマンスを向上させ、怪我の予防にも役立つためです。ピラティスは特定の筋肉群を集中的に鍛えることができるため、スポーツに必要な筋力や柔軟性を効率的に強化できます。

リハビリテーションを必要とする人

怪我や手術後のリハビリテーションにもピラティスは効果的です。無理のない動きで筋力を回復させ、体のバランスを整えることができます。理学療法士と連携したピラティスプログラムを提供するスタジオも増えています。

忙しいビジネスパーソン

仕事で忙しいビジネスパーソンもターゲット顧客の一部です。短時間で効率的に運動できるピラティスは、忙しい生活の中でも取り入れやすいエクササイズとして人気です。オンラインレッスンや早朝・夜間のクラスがあるスタジオも多く、ライフスタイルに合わせた柔軟な受講ができます。

価格設定

考える女性

ピラティススタジオを開業する際に非常に重要なのが「価格設定」です。価格設定が適切でなければ、利益を出すことが難しくなります。また、顧客も適正価格でなければ、通い続けられません。価格設定をするためのどんな要素が必要になるか以下にまとめたので紹介していきます。

  • コスト
  • 競争
  • 価値

コスト

最初に考えるべきは「コスト」です。スタジオの運営には様々な費用がかかります。例えば、家賃、インストラクターの給料、光熱費、器具の購入費、メンテナンス費などです。これらのコストを全てカバーし、なおかつ利益が出るように価格を設定しなければなりません。

競争

続いて「競争」も重要な要素です。近くにある他のピラティススタジオの料金を調べてみましょう。同じ地域で競合するスタジオの価格があまりにも安ければ、自分のスタジオにお客様が来なくなるかもしれません。

逆に高すぎると、利用者にとって魅力的ではなくなります。そのため、競合他社の価格を参考にしながら、自分のスタジオの強みを生かした価格設定を行うことが大切です。

価値

最後に「価値」について考えましょう。顧客は、支払ったお金に見合う価値を感じる必要があります。高品質なレッスン、清潔で快適なスタジオ、優れたインストラクターなど、顧客が高い価値を感じる要素を提供することで、少々高い料金でも納得してもらえます。

例えば、パーソナライズされたプライベートレッスンや、最新の設備を導入することで、価格に見合った価値を提供することが可能です。

レッスン形態別の料金相場

グループレッスンをする様子

ピラティススタジオを開業する際には、どのようなレッスン形態を提供し、それぞれの料金をどのくらいに設定するかを決めることが重要です。ここでは、一般的なレッスン形態ごとの料金相場について説明します。

グループレッスン

グループレッスンは、複数の生徒が一緒にレッスンを受ける形式です。比較的安価で多くの人に人気があります。料金相場は、月4回のレッスンで10,000円から20,000円程度です。

例えば、週に1回のペースで通うことが多く、月謝として支払います。この形式は、コストを抑えながら多くの人にピラティスを体験してもらうのに適しています。

プライベート

プライベートレッスンは、インストラクターが一対一で指導する形式です。個別のニーズに応じた指導が受けられるため、料金はグループレッスンよりも高く設定されます。料金相場は、月4回で30,000円から40,000円程度です。

この形式は、特別なケアや個別の目標に合わせた指導を求める人に人気があります。

オンラインレッスン

最近では、オンラインでピラティスを受けることも一般的になっています。自宅から手軽に参加できるため、忙しい人や遠方に住んでいる人にとって便利です。オンラインレッスンの相場は、月額で5,200円程度の受け放題プランが多いです。場所を選ばず、柔軟にレッスンを受けられる点が魅力です。

ピラティスには、マシンを使ったレッスンとマットの上で行うレッスンがあります。マシンピラティスは、専用の器具を使用するため、レッスン料金が高くなりがちです。グループレッスンでも、マシンを使う場合は13,300円から15,040円程度、マットの場合は10,000円から20,000円程度です。

地域別の価格差

ピラティスをする女性

ピラティススタジオの料金は、地域によって大きく異なることがあります。これは、各地域の生活費や経済状況、競合スタジオの数などさまざまな要因によるものです。ここでは、地域別の価格差について説明します。

  • 都市部と地方
  • 競合状況
  • 顧客層の違い
  • 施設の設備

都市部と地方

一般的に、東京や大阪などの大都市ではピラティススタジオの料金が高めに設定される傾向があります。これは、都市部では家賃や人件費が高いためです。例えば、東京の中心部にあるスタジオでは、グループレッスンの月謝が20,000円近くになることもあります。

一方、地方では家賃や生活費が比較的低いため、同じ内容のレッスンでも月謝は10,000円前後に抑えられることが多いです。

競合状況

地域ごとの競合スタジオの数も価格差に影響します。多くのスタジオが競争している地域では、顧客を引き付けるために価格を抑えることが一般的です。逆に、競合が少ない地域では、スタジオが少し高めの料金を設定しても顧客が集まることがあります。

顧客層の違い

地域によって顧客層も異なります。例えば、富裕層が多く住むエリアでは、より高額なプライベートレッスンや高品質なサービスが求められ、その分料金も高く設定されます。

一方、学生や若い世代が多い地域では、手ごろな価格で利用できるグループレッスンが人気です。

施設の設備

地域によっては、スタジオの設備や提供するサービスも異なることがあります。都市部の高級スタジオでは、最新のマシンや豪華な施設が整っており、その分料金も高くなります。

地方のスタジオでは、シンプルな設備でコストを抑えつつ、質の高い指導を提供することが多いです。

価格設定の戦略

ピラティススタジオを成功させるためには、適切な価格設定が重要です。価格設定の戦略にはいくつかのポイントがあります。ここでは、主要な戦略について説明します。

  • 初期費用の抑え方
  • 割引とキャンペーン
  • 会員制vs都度払い
  • 付加価値のサービス提供

初期費用の考え方

スタジオの入会金や初回体験レッスンの料金は、最初のハードルとなります。入会金は10,000円から30,000円程度が一般的ですが、初回体験レッスンを無料にすることで、初めての顧客が気軽にスタジオを試せるようにする戦略があります。

また、体験レッスン当日に入会すると入会金が無料になるキャンペーンも効果的です。

割引とキャンペーン

新規顧客を獲得するためには、割引やキャンペーンを活用するのが有効です。例えば、友達紹介キャンペーンや初月割引。これにより、顧客はより安くピラティスを始めることができ、スタジオの認知度も高まります。

また、定期的なキャンペーンを行うことで、顧客の継続率を上げることもできます。

会員制 vs 都度払い

会員制の料金プランは、毎月一定の収入を確保できるため、スタジオ運営に安定をもたらします。例えば、月4回のレッスンで10,000円から20,000円、無制限に通えるプランで16,000円から22,000円程度が一般的です。

一方、都度払いのプランも提供することで、頻繁には通えない顧客にも対応できます。都度払いは1回あたり3,000円から5,000円程度が目安です。

付加価値サービスの提供

価格に見合った価値を提供することも重要です。例えば、プライベートレッスンや特別なワークショップ、栄養指導などの付加価値サービスを追加料金で提供することで、顧客満足度を高めることができます。

また、無料のマット貸出やウォーターサーバーの設置なども、顧客にとって魅力的なポイントです。

継続的な価格の見直し

エクササイズをする女性

ピラティススタジオを成功させるためには、価格設定を一度決めただけで終わりではありません。定期的に価格を見直し、適切に調整することが重要です。ここでは、継続的な価格の見直しについて説明します。

  • 市場の変化に対応する
  • コストの変動を考慮する
  • 顧客のフィードバックを活用する
  • 定期的な見直しのスケジュールを提出する

市場変化に対応する

市場は常に変化しています。新しい競合スタジオができたり、顧客のニーズが変わったりすることがあります。

例えば、近くに新しいスタジオがオープンして価格競争が激化した場合、自分のスタジオの価格が適正かどうかを再評価する必要があります。市場調査を定期的に行い、他のスタジオの価格や提供サービスを把握しましょう。

コストの変動を考慮する

スタジオの運営には様々なコストがかかります。家賃、インストラクターの給料、光熱費、器具のメンテナンス費用など、これらのコストが変動することがあります。

例えば、家賃が上がった場合や新しい器具を導入した場合、そのコストをカバーするために価格を見直す必要があります。

顧客フィードバックを活用する

顧客からのフィードバックも重要な情報源です。レッスンの質やサービスに対する満足度を定期的にアンケートで確認し、価格に対する意見も聞きましょう。顧客が価格に見合った価値を感じているかどうかを把握することで、必要な調整ができます。

例えば、顧客が料金に対して高いと感じている場合は、付加価値サービスを追加することで満足度を高めることができます。

定期的な見直しをするスケジュールを立てる

価格を見直すためのスケジュールを設定しましょう。例えば、半年に一度や年に一度、価格設定を評価し、必要に応じて調整します。このように定期的に見直すことで、市場やコストの変化に迅速に対応でき、スタジオの経営を安定させることができます。

ピラティススタジオの価格設定も大事な要素

ピラティススタジオの価格設定は成功の鍵です。レッスン形態別に料金相場を理解し、適切な価格を設定することが重要です。都市部ではグループレッスンが月10,000~20,000円、プライベートレッスンが30,000~40,000円程度です。地域や競合状況、提供するサービスに応じて価格を調整し、割引やキャンペーンを活用することで、顧客を引き付けることができます。継続的な価格見直しも必要で、市場の動向や顧客のニーズに対応することが大切です。

  • シェア

人気のピラティスリフォーマーランキングBEST3

  • 1位

    OODY PILATES

    抜群のコストパフォーマンスを実現!
    高品質なリフォーマーを低価格で導入するならコレ!

    OODY PILATES

    OODY PILATESは、2022年に株式会社アンドワンが立ち上げた新進気鋭のピラティスマシンブランド。木材の中でも強度の高い高級カナダ産メープル材と、ピラティス発祥の地・ドイツ製の丈夫なスプリングを使用した確かな高品質のリフォーマーを低価格で提供。圧倒的なコストパフォーマンスを実現した当サイトイチオシのピラティスリフォーマーです。

  • 2位

    balanced body

    40年以上も世界中で愛される確かな品質!
    有名スタジオでも導入実績多数のピラティスリフォーマー!

    balanced body

    balanced bodyは、世界No.1のシェアを誇り40年以上に渡って愛される老舗ピラティスマシンメーカー。日本でも多くのピラティススタジオに導入されており、確かな信頼と実績があります。柔らかくて静かな乗り心地で、使用者からの満足度が高いことも特徴です。

  • 3位

    MotionCarePILATES

    圧倒的低価格のピラティスリフォーマー!
    リハビリの専門家が考案した設計で滑らかな動作を実現!

    MotionCarePILATES

    MotionCarePILATESは、韓国発のピラティスリフォーマー。ディテールにこだわった造りで、滑車バーやフットバー、ヘッドレスト等の調整機能も細部までこだわった設計。リハビリの専門家が考案した老若男女誰でも使いやすいリフォーマー。

イチオシ記事

よく見られる記事